宅配寿司店を開業して成功するには②-笹互(ささご)のFCで独立・起業

こんにちは、金城です。

宅配寿司というと、人件費がかかる、寿司桶の回収が手間、バイクの維持費がかかる等のデメリットを感じる方もいらっしゃると思いますし、実際にデメリットになります。

ただ、どの分野であっても、メリットがあればデメリットがあるのは当然のこと。
メリットしか言わずデメリットを伝えないのは不誠実ですね。

海鮮丼専門店であれば、いくら好立地の物件を探そうと思っても、
こればかりはオープンしてみないとわからないのが現実です。
もちろん、本部としては良い立地で開業できるよう現地視察に同行したり、
精一杯やらせてはいただくのですが。
これはどの飲食店であっても、立地という問題はつきものですね。

その点、宅配寿司は立地が関係ないところがメリット。
どこでもできるので格安居抜き物件があれば、かなり低資金で開業できます。

そして先ほど言った人件費やバイクの維持費といったデメリットを解消するのが
サイドメニューやネット注文なんですね。
サイドメニューで原価率を下げ、ネット注文があるとアルバイトが製造や宅配に時間を多くさける訳です。
他にも、寿司桶の回収ですが、最近ではかなり品質の良い使い捨て容器があり、
お客様も使い捨て容器を好んで注文される方が多く、寿司桶回収の手間がかからなくなってきているんですね。
使い捨て容器に少しお金をかけて、良い商品がちゃんときれいに見える心遣いも
売上UPに大切なのかもしれません。

それでは、今日も皆さまにとって良い一日になりますように。

笹互は寿司・海鮮丼専門店です。フランチャイズオーナー(FCオーナー)募集中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。