飲食FCで独立・起業。成功のポイント①

こんにちは、金城です。
笹互の場合、商品は市場直送の新鮮・本格海鮮丼。
美味しい商品なのでお客さまは買いにきてくださいます。
でも、美味しい商品を提供するというのも、基本です。
昨日もお話しさせていただいたように、売れるためには応用-仕事を見つけに行くこと-が必要です。

昨日、こんな時どうするか・・・という話をしました。
1.お客様がお店の前でメニューを見てずいぶん悩んでいる様子・・・
2.この間来てくださったお客様がまた来てくれた。
3.この一週間、なんだか売上がいまいち。雨の日が多い。
4.売れる丼に偏りがあり、なかなか出ない魚がある。
5.お客さんはたくさん来てくれるのだが、ここのところ客単価がいまいち。

1番の状況の時、悩みますね。
声をかけるか、待つか・・・
声をかけるなら、どのような声かけをするか。
声かけ以外にできる対応はないか。

いろんな対応があると思います。
・何か気になる商品はありますか、お好きなネタはありますか、等と声をかけてみる
→明るく返答がある方はコミュニケーションがきっとお好きなお客さま。お好みをお伺いして、お勧めしても良いですね。
そうでない場合は、あまりコミュニケーションが得意ではないお客さまかもしれません。そういう場合は、あまりこちらが積極的な接客をしてしまっては、お客さまは居心地が悪い思いをしてしまいます。「お決まりになりましたらお声かけください」と柔らかな対応が良さそうですね。
・接客以外にできることは、「今日のおすすめ」としてPOPやホワイトボードを活用することがあげられます。
なんでお勧めなのか、理由も添えられていると魅力が増します。人気ベスト3といったPOPを作っておくのも良いですね。

今日も皆さまにとって良い一日になりますように。

笹互は寿司・海鮮丼専門店です。フランチャイズオーナー(FCオーナー)募集中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。