寿司を食べる順番とは?ー笹互(ささご)の海鮮丼・寿司FC加盟店募集

こんにちは、金城です。

お寿司を食べる順番があるって聞いたことありますか?
もちろん、決まりがあるわけではなく、食べたいものを食べるのが一番ですが、
味がよくわかり最後まで楽しめるのは、
やはり味の薄い魚から先に食べるのが良いそうです。

まずは、タイやひらめ等の白身魚、その後に少し味の濃いマグロやトロと言った赤身の魚を食べます。
トロのような脂ののった魚は口の中に脂が残りますので、ここで一度ガリやお茶で口をさっぱりさせてから、
酢でしめてある魚や、アジ等の光り物の魚を食べるのがお勧めだそうです。
その後は、またイカやタコのような淡白なものを食べて、
海老や貝類、玉子等海老と食べて、穴子やうに等のこってりしたものを食べます。
そして最後には、カッパ巻きのようなさっぱりした巻き寿司でしめるというのが、
一般的に言われている寿司の食べ順だそうです。

ちなみに、玉子を食べると職人の腕前がわかる、と言われているそうです。
笹互では、全店で玉子焼きは自家製。本店の味を再現しています。

これからクリスマス・お正月と寿司を多く食べることも多くあります。
FCオーナー検討中の皆さま、この機会に是非、味を知っていただければと思います。

それでは、今日も皆さまにとって良い一日になりますように。

笹互は寿司・海鮮丼専門店です。フランチャイズオーナー(FCオーナー)募集中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。